非政治的人間の考察 上 - トーマス・マン

非政治的人間の考察 トーマス

Add: ilygac27 - Date: 2020-12-07 10:06:38 - Views: 4952 - Clicks: 579

一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 こちらからもご購入いただけます ¥217 (18点の中古品と新品) 非政治的人間の考察 下 (筑摩叢書). 思想を表明したのが「非政治的人間の考察、(1918)であった。実にマンが43歳の年であ るが,この大戦とロシヤ革命といった世界史的な事件を背景にした社会情勢は,非政治的 保守的性格のマンにとっても,政治と関わらざるを得ない契機となった。. 較」(1)(以下「前論文」と呼ぶ)の問題設定の延長線上に位置づけられるも のである.そこでは第一次大戦が終わる1918年にほぼ同時に公刊された トーマス・マンのエッセイ『非政治的人間の考察』とマックス・ヴェーバー. Amazonでトーマス・マン, 前田 敬作, 山口 知三の非政治的人間の考察〈上〉 (1968年) (筑摩叢書)。アマゾンならポイント還元本が多数。トーマス・マン, 前田 敬作, 山口 知三作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

マンは『非政治的人間の考察』において、政治と内面的領域を截然と切り離し、 後者において芸術家のイロニーを可能にしようとした(第二章)。 しかしこうした政治のあり方を可能にすると思われた「官憲国家」たる帝国が崩壊すると、マンは. トーマス・マン『非政治的人間の考察』(共訳、筑摩書房 1968-71) カーチャ・マン『夫トーマス・マンの思い出』(筑摩書房 1975)その他。 HOME >三つの国の物語 トーマス・マンと日本人. であろう。なぜなら,彼らはトーマス・マンについては,第一次大戦中に書かれた書物や エッセイ,とくに600ページにも及ぶ大部の書物r非政治的人間の考察』(以下r考察』と 呼ぶ)におけるトーマス・マンしか知らなかったからである。. 世界大百科事典 第2版 - 《非政治的人間の考察》の用語解説 - 14年第1次大戦が勃発するとマンはドイツ的,国民的立場から帝政ドイツを擁護して,知識人にみられた反帝政的平和主義の傾向に批判的な立場をとった。.

本書はトーマス・マン(Thomas Mann, 1875–1955)の第一次大戦以降の政治思想を対象とする研究である。かつて非政治的人間を自称し、非政治的作家として扱われることの多いトーマス・マンの政治思想研究という本書の題名に疑問を抱き、違和感を覚える読者もいるかもしれない。. 非政治的人間の考察 全3巻(前田敬作・山口知三訳)、筑摩書房〈筑摩叢書〉(復刊1985) ワーグナーと現代 1908−1951( 小塚敏夫 訳)、 みすず書房 (新装第2版 ) ISBN. 中 著者 トーマス・マン 著他 出版者 筑摩書房 出版年月日 1969 シリーズ名 筑摩叢書 請求記号 944-cM28h-M 書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)DOI 10. 存在への共感としての「審美主義」の擁護 58 第四. 初期作『ブッデンブローク家の人びと』『非政治的人間の考察』において、マンは中世都市を素材に市民的世界の原理を検討し、内面的領域と政治の分離を試みたが、『魔の山』執筆時以降、次第にその主張を放棄し、個人の内面と共同体を結びつける適切. 非政治的人間の考察 上・中・下 3冊揃い 筑摩叢書123-125 著者 トーマス・マン 著 ; 前田敬作, 山口知三 訳 出版社 筑摩書房.

Webcat Plus: トーマス・マン政治思想研究「」 : 「非政治的人間の考察」以降のデモクラシー論の展開, 第一次大戦以降、文豪トーマス・マンは「政治と文学という問い」に果敢に挑んでいく。. るように、ハインリヒの理解はトーマスの大著『非政治的人間の考察』(Betrachtungen eines Unpolitischen, 1918)(以下、『考察』と記す)の影響を強く受けており、トーマスの主張に拠 った一面的な理解がされがちであった。1). ぼ同時期に成立したマンの 『非政治的人間の考察』における三者の人物像を考え る上で特に重要である。 『非政治的人間の考察』の中の 『市民性』の章には,こ のベルトラムの 『騎士 と死と悪魔』の章を縮約したかのような箇所がある。. 永続的識別子 info:ndljp/pid/1699110 タイトル 非政治的人間の考察. 非政治的人間の考察 上・中・下 3冊揃 筑叢叢書 著者 トーマス・マン(著)前田敬作ほか(訳) 出版社 筑摩書房.

治的人間の考察』の著者マンはドイツの非政治的・内省的な市民文化の伝統を擁護する保守 主義者であった。 このような思想上の背馳現象がナチス台頭以降折りある毎に槍玉に上げ. 251) これが,マンが『考察』でうち立てたいわば基本テーゼである。「ところが政 治は,デモクラシーは,本質的に非ドイツ的な,反ドイツ的なもの. トーマス・マン 1922年 77 精神的でナショナルな生活と政治的な生活との分離は,もはや不可避であ る。(姐. ・ 新刊紹介 今井敦(龍谷大学):浜田泰弘著『トーマス・マン政治思想研究() 「非政治的人間の考察」以降のデモクラシー論の展開』(国際書院、年) 第91回トーマス・マン研究会 ・ 年6月25日(土)14時半より. 他方で、最晩年、政治活動を活発化させた時期には、防衛問題を論ずる講 演会の場で、かなり詳しく『非政治的人間の考察』の内容を紹介しており、 併せて、第二次大戦前後のマンの講演録などにも目を通していたようである。. Amazonでトーマス・マン, 前田 敬作, 山口 知三の非政治的人間の考察〈上〉 (1968年) (筑摩叢書)。アマゾンならポイント還元本が多数。トーマス・マン, 前田 敬作, 山口 知三作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 節 「政治的精神」に対する批判 64 第五. 1918年10月,ト ーマス・マンは非政治的なドイツを擁護する『非政治的 人間の考察』(以 下 『考察』と略す)を 上梓する。その中でマンは,自 らと.

友田和秀は『トーマス・マンと1920年代―「魔の山」とその周辺』(20 04年)において非政治的作家トーマス・マンの思想的変貌の足跡を辿り、フリードリヒ・ ユンガーとの決別に至る経緯を論証している3。『トーマス・マン イロニーとドイツ性』(洲. 節 『非政治的人間の考察』をめぐる研究史 51 第. 非政治的人間の考察 上 - トーマス・マン 非政治的人間の考察(上) - ト-マス・マン - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が. 非政治的人間が政治にかかわるときには、絶望しかない。なぜなら、そこには、人間を個としてではなく群れとして捉える人間しかいないからだ。人間を群れとしか捉えられない政治的人間の行き着く先はスターリンやヒトラーなのである。私たちは非政治. 巻数も併記する)と頁数を示す。訳文は新潮社版『トーマス・マン全集』年)のものを 参照あるいは借用した。 六浦英文 本 田 陽太郎 下程 息 非政治的人間と政治 トーマス・マンの場合. 1918年 から1922年 までの トーマス ・マン. 筑摩叢書123 非政治的人間の考察(上) トーマス・マン 著 20世紀前半の最大の作家による自己の半生の決算書であるとともに、最も壮大なドイツ論である。.

トーマスマン政治思想研究: 非政治的人間の考察以降のデモクラシー論の展開: 注記: 欧文タイトルは標題紙裏による 年に成蹊大学に提出した博士学位論文 トーマス・マン年表: p301-304 主要な参考文献: p305-315: 著者のヨミ: ハマダ, ヤスヒロ: URL:. 節 文明に対する文化の防衛戦――『非政治的人間の考察』前史 55 第三. 前田敬作,トーマス・マン『非政治的人間の考察 上』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 11501/1699110 公開範囲.

まず、1915年に書き始められて1918年に出版された『非政治的人間の考察』の内容から検討し よう。トーマス・マンの市民概念の基礎はこの書物にある。 市民BurgerはブルジョワbourgeOisではない。これが『非政治的人間の考察』におけ’るトー マス。. トーマスマン政治思想研究: 非政治的人間の考察以降のデモクラシー論の展開 その他のタイトルのヨミ、その他のヨミ: トーマス マン セイジ シソウ ケンキュウ: ヒセイジテキ ニンゲン ノ コウサツ イコウ ノ デモクラシーロン ノ テンカイ. 内面的領域と政治の分離 66 第六. 評論『非政治的人間の考察』(一九一八以下、『考察』と略記)に至るマンの思想的変遷が、 「市民」、「イロニー」、「審美主義」といったキーワードの検討を通じて明らかにされてい. 非政治的人間の考察: 著作者等: Mann, Thomas 前田 敬作 山口 知三 トーマス・マン: 書名ヨミ: ヒ セイジテキ ニンゲン ノ コウサツ: シリーズ名: 筑摩叢書: 巻冊次: 上: 出版元: 筑摩書房: 刊行年月: 1968: ページ数: 370p 図版: 大きさ: 19cm: NCID: BN※クリックで.

非政治的人間の考察 上 - トーマス・マン

email: nubum@gmail.com - phone:(296) 193-6593 x 6236

中学生棋士 - 谷川浩司 - 江戸のサラリーマンのしたたかな生き方に学べ

-> インプラント読本 2015 - 普和良吉
-> 刑事部屋 - 島田一男

非政治的人間の考察 上 - トーマス・マン - 我が心のクレバス 中野静子


Sitemap 1

エッセイ - 武者一雄 - 夫婦の胸さわぎ 中村正夫